FAX 022-397-3215

​コース案内

Course Information

都市計画家、官庁造園技師としても活躍をされた農学博士の佐藤晶氏設計のゴルフ場です。適度なアップダウン、セパレートされた各ホール、距離はさほど長くありませんが戦略性に富んだコースレイアウトは、「これがゴルフ」だと実感と堪能ができ、何度でも挑戦したくなる意欲が否が応でも掻き立てられるでしょう。

​コースレイアウト

Course Layout

アウトコース
インコース
ローカルルール

Local Rule

  1. アウトオブバウンズの境界は、白杭をもって標示する。

  2. 修理地は青杭を立て、白線をもってその限界を標示する。

  3. ラテラルウォーターハザードは赤杭または赤線をもってその限界を標示する。

  4. スルーザグリーンにおける道路、排水溝、マンホール、金網、給水栓等は動かせない障害物とみなす。

  5. 電磁誘導カート用2 本人工の表面を持つ軌道は全幅をもってカート道路とみなす。球がこのカート道路上にある場合はプレーヤーは規則24-2 b(ⅰ)の救済を受けなければならない。このローカルルールの違反の罰は2 打。

  6. 予備グリーンはプレー禁止の修理地(スルーザグリーン)とし、その上に球があったりスタンスがかかる場合、プレーヤーはゴルフ規則25-1 b(ⅰ)の救済を受けなければならない。このローカルルールの違反の罰は2 打。

  7. ストロークプレー競技では、プレーヤーはプレーを終えたばかりのホールのグリーン上やその近くでの練習ストロークをしてはならない。このローカルルールの違反の罰は2打。

  8. No.1 ホールとNo.5 ホールの間の池は、ラテラル・ウォーターハザードとし、赤杭または赤線をもって標示し珠が入った地点が確認できない場合は指定ドロップ区域にドロップしてプレーしなければならない。

  9. No.8 ホールの防球ネットに球があったり越えたりした場合は、指定ドロップ区域にドロップすることができる。

  10. コース内のガイドポール(吹流し)に球が当たって偶然に方向を変えられたり、止められた場合はラブオブグリーンであって、球は罰なしにあるがままの状態でプレーしなければならない。ガイドポールは「動かせる障害物」とする。

  11. スルーザグリーンにおいてヤード杭は「動かせない障害物」とする。

  12. 本ローカルルールのほかは全てJGA ゴルフ規則を適用する。

競技委員長 梶原美夫

13番

460ヤード/パー5